<< 1982年 アフリカ・ディストリビューター・コンベンション (2) パリダカ・ラリーへの超序章 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

1982年アフリカ・ディストリビュータ・コンベンション (3) パリダカの始まり

  Twitterジャズ喫茶行脚レトロゲームを振り返る日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ マリ・ドゴン族の村へ  スペイン旅行 亀の夢の庭

そうして、アフリカ・コンベンションは多くのアフリカのディストリビューターをアイボリ・コーストの首都アビジャンに集めて、大スライド・プレゼンテーションを敢行し、新型車パジェロを試乗してもらい、楽しい一流の食事とエンターテインメントを提供して、アフリカのディストリビューター同士、MMCのスタッフとのくつろいだ交流が実現し、成功裏に終わった。 

  実は、僕たちはこの機会に、もう一つの当社で初めての事を行った。このアフリカで海外向けCF(コマーシャル・フィルム)の撮影を行ったのである。
 試乗用に新型パジェロをこのアフリカの地に持ってきた事を利用して、4WDがふさわしいこのアフリカを背景にCFを作成する事にした。 その撮影のため、A通は日本からのスタッフと現地のスタッフが10日ほど前からアビジャンの近郊で撮影を実施し、その車をコンベンションでは試乗会に使う事になっていた。 
僕はもちろん広宣Gの人員としてその撮影の現場での責任者であった、ただし、同時進行のコンベンションがメインなので、撮影関係はあ通のスタッフが行っていた。  
 コンベンションが終わり、撮影隊連中も懇親パーティに加わり、その後の打ち上げパーティで、その新型車に乗ってアビジャンの歓楽街(娼婦街か?)を練り走り、楽しい時間が過ぎた、

その翌日。 撮影隊の隊長、A通TN氏が私に言ってきたのは「このパジェロの撮影で、現地の有名ラリー・ドライバーに車の運転をしてもらったのですが、その現地No1ドライバーがどうしても、メーカーの責任者に会わせて欲しい、と言っているのです。一度会ってやっていただけませんか。」 という事でその現地定着のフランス人ドライバーと会うことになった。

at 10:59, pajeroio46, -

comments(0), -, -

スポンサーサイト

at 10:59, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment