<< 1977年 トラックの仕事から広告宣伝へ | main | 目次 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

1976年 この年にぼくたちはCISAという黒船を見た

Twitterジャズ喫茶行脚レトロゲームを振り返る日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ マリ・ドゴン族の村へ  スペイン旅行 亀の夢の庭

1976年 CISAディストリビュータ・コンベンション 東京  
 

まず、その何百台というスライドプロジェクターがコンピューターのプログラムに沿って一斉にガシャガシャと動くさまに度肝を抜かれた。

こんな事をしなければならないのか・・・?
CISA(シサ:Chrysler International S.A. クライスラー社の子会社、USA カナダなどの大市場に対し、小市場といわれる中近東、アフリカ、欧州などの市場にクライスラー車を売る、ロンドンに本社がある?この頃はパリかも、)は販売する権利を得たM車を彼らの販売ネットワークに紹介するために、東京で大ディストリビューター・コンベンションを催した。
彼らの中近東、アフリカ、欧州、中南米のディストリビューターを全て東京に集め、世界中でポピュラーになりつつある日本車を紹介し、彼らの国で販売してもらうための説明会、そして試乗会なのである。CISAは日本車を売ることができるようになった事に有頂天だったし、そのディストリビューターも売り易く、人気が出るに違いない日本車を売る事ができるというので、喜び勇んでいるように見えた。


昔のクライスラーのマークですね、今とは異なります。
ペンタスターと言っていました。

彼らは大型ホテルの大広間をぶち抜きで借り出し、大型スクリーンを何十面にも区分けし、何百台のスライドプロジェクターで、大きな写真を出したり、動きをつけたり、その壮大なプロジェクターの壁と、大型スクリーンで動き回る映像に、感動した、と言うより、余りの大きな落差に茫然となったというのが正直なところだった。

世界各国のディストリビューターを集め、大プレゼンテーションする、という僕たちには全く新しいシーンを見せ付けられた。

当然ながら、僕たちの仕事は彼らの支援で、中核はこのCISAの宣伝担当(後で関係するクーパーさん)と、それが率いるロンドンの広告宣伝会社だった。

 

CISAのディストリビューター達にとって初めての日本の車へのエンカウンターにCISAはその大画面で、質問と答えの形で全体を作り上げていた、左側に外人(白人も黒人もいた気がする)のイラスト、右にちょんまげをした侍が陣取っていた。左の西洋人はCISAのディストリビューターで、質問し、右の侍がM自動車で、その質問に答える。

「なるほど、こんな風にわかりやすく、親しみやすくするのだ。」僕たちは一々感心し、それまで僕たちが、紙に車の特徴を書いたりして、こつこつと僕たちのディストリビューターに解説していた方法とは雲泥の差があった。僕たちもこんな風にしなければならないのか?

 

つまらない数枚の紙を配って、その辺の会議室で、ぼそぼそと新車の説明をして、我々が契約して売らしてやっている販売店に理解させる説明会とはまったく違って、CISAのは、最終的にビジネスとして売り上げが立つために、自分たちが生産した車を実際に市場で売ってくれるディストリビューターの皆様に、わかり易く、インパクトを持って、強烈に、M社の車に自信と愛着を持ってもらえるように、プレゼンテーションする事なのでした。

 

ぼくはまだその時はトラックグループにいて、同じ海外企画室として手伝っただけだったが、そのスケールの違い、海外のディストリビューターをどのように扱うか、そして大変なお金を使ってそれを行うこと、などなどに一々驚いていたのだった。

とにかく、何百人というディストリビューターが世界の果てからも集まり、エンターテインメントを楽しみ、何百台のプロジェクター(それらは全て中のスライドと共にセットしてロンドンから持ってきた)がコンピューターのプログラムにより生き物のようにカシャカシャと動き、大画面で車が文字が写真が生き物のように動き回ることに度肝を抜かれたのだった。

これが世界のレベルなのだ、と初めて知った。

at 10:33, pajeroio46, -

comments(0), -, -

スポンサーサイト

at 10:33, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment